×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


抱っこセラピーは 親子両方の気持ちに気付き、寄り添い、幸せになるセラピーです。




セラピーと聞くと、うちの子はそんなことは 関係ないと 思いますよね。

ちゃんと愛してるし、普通に育ててるし、セラピーにかかるような そんな問題もないし。と。

でも あなた自身の中に

本当は もっとかまってほしかった
  私だけを見てほしい
  話を最後まで聞いてほしい
  否定しないで、認めて
怒らないで
  責めないで
誰もわかってくれない。誰かわかってほしい
  私はどうせダメなんだ、
愛されない、愛して欲しい
  淋しい、ひとりぼっち


こういう思いはありませんか?


とりたてて他と変わらず 普通の親に 普通に愛され、愛し 育ててもらったはずの自分。

悪い親では決してない。ただ 無意識に 自分で感じて 我慢したことや、言えずにいたこと
本当はしてほしかった、わかってほしかったことありませんか?

 親が気付かない、覚えてないぐらいの 小さなことに 深く傷つき
 そして それが今も 治らない傷として 苦しかったりしませんか?

親子だからって 全てをわかりあう必要もないし、我慢を全くしないことは無理だと思います。

でも 誤解や 勘違いで 本当は寄り添えるはずの心が 離れしてしまうのは 
お互い悲しすぎると、私は思います。


我慢した気持ち、愛されてないと勘違いした気持ちを 大人まで 持ち越し、自信のなさや、依存症
対人関係や 恋愛関係に影響がでていたりします。


あまりに手のかからないいい子、あまり泣かない子、
おとなしい子、ずっとひとりで遊んでいる

ふれさせない、抱っこを嫌がる、おっぱいを飲まない
おっぱいを飲んでも またすぐ欲しがる、長飲みする
かじる、たたく、暴言をはく
人の嫌がることばかりする
などなど。


心当たりは ありませんか?

  どもは 本当に ママが大好き

  だからこそ 普通に振舞っていても いっぱい我慢している。
そのことは 昔 こどもだった 私たちが一番よく知っているのでは ないでしょうか? 



 
 自分を見て欲しいけど、ママ忙しいから、いわないでおこう。
  こうしてほしいけど、無理かな。無理言ったら 嫌われちゃうかな?
  ママが 怒っているのは 自分が悪いから?自分のせい?
  上の子も下の子も お互い、ママにとっては2番目の愛情なのだと 寂しかったり。
  ママの不安を吸収して、なにか不安だったり。

  胎児のとき、出産のときのトラウマをもち、自分はいらない子では と 勘違いしていたり。
 ママに大変な想いをさせた こんな自分では 愛されないと 思い込んでいたり。。  

言えない不満や 我慢を重ねていると 上に書いたような言動をとるようになります。




抱っこセラピーで  本当の気持ちに寄り添うことで
 ママが大好きなゆえの勘違いや 我慢を すべて解放させ、しっかりわかってもらえるんだ、と 愛をうけとる。

受け止めてもらえる、わかってもらえるという安心感が
本来の優しさ 素直さ 落ち着きを取り戻し
親子の気持ちが通じ合い、愛の絆がさらに深まっていきます 
そうすると 愛にあふれ 自分にも 人にも優しくでき しあわせな人生を送ることができる。


実は 私たち 親も 小さいころから 我慢したり、泣いてはいけないと 育てられた方が多く、
それゆえに 子供が泣いたり 怒ったりすると 非常にイライラしたり 悲しくなったりします。
子供が泣くのを我慢できず、抑圧してしまったりします。

泣くのは 悪いことでは ありません。


抱っこセラピー中 小さいときの自分を投影し 親の感情も いっぱい刺激され 涙がでてきたりします。
感情が揺れ動き 癒しが起きます。
自分も こうして欲しかったと 涙が止まらなくなったりします。
一緒に泣くことで さらに双方の癒しが起こります。
実は 親子両方のセラピーなのです。



 方法としては 
お子さんをママが横抱きにして、お子さんと目を合わせます。
心によりそう言葉をかけます。
さみしかったね、なきたかったね、自分が悪いせいだと思ってたね、ママに嫌われてると思ってたね。。。

 横抱きされると体が密着し、目を見つめられると
 一生懸命抑えてきた 感情が 抑えきれなくなるので 目をそらそう、身体を離そうとします。
よりそう言葉が心に響き
 感情の解放が 始まります。 

 怒り そして 悲しみ、さみしさ、
そして やっと 本心の甘えたかった気持ちなどがでてきて
全て解放されて やっと 愛情をうけとることができます。

こどもだけではない、親子両方の本当の気持ちに気付き、寄り添い、しあわせになるセラピー

一度試してみませんか?



1960年代にザスロウ(当時カリフォルニア州立サンヨセフ大学教授)によって創始された心理技法です。
日本へは1980年代に、前日本抱っこ法協会会長の阿部秀雄さんによって紹介されました。







ほんとうに ほんとうに 抱っこセラピー 一度試してみませんか?


                                  homeへ